株式会社 庄司操製作所ブログ
HOME > 製品紹介 > 放射性有機廃液焼却装置
製品紹介

放射性有機廃液焼却装置

医療系の廃液を安全、確実に処理可能。

概要

液体シンチレーションカウンターで測定後の5核種(3H、14C、35S、45Ca、32P)のシンチレーション廃液を処理する焼却装置で、科学技術庁の「放射性有機廃液の焼却に関する安全指針」に適合した機構を有する装置です。
過去三世代の焼却炉の開発・実用化に携わって来た、当社ならではの燃焼原理は[熱気化逆転火災方式]で低引火点のものから高引火点の難燃性の廃液まで安全かつ確実・迅速に焼却処理致します。

特長

(1)廃液の種類を問わず完全燃焼します。

(2)界面活性剤や含水量の多い廃液も完全に燃焼します。

(3)燃焼以前の分離・分留などの前処理は不要です。

(4)廃液燃焼にアルコール等の助燃剤は不要です。

(5)自動洗浄回路の内蔵により腐蝕はありません。

(6)焼却残渣は容易に取出せます。

(7)各種の安全機構により安全、確実に運転します。

(8)廃液量と空気量は完全自動コントロールで、全自動焼却が可能です。

用途

-

対象処理物

液体シンチレーションカウンターから排出される廃液

法律

科学技術庁安全指針適合仕様