株式会社 庄司操製作所ブログ
HOME > 製品紹介 > 廃油・廃溶剤専焼炉
製品紹介

廃油・廃溶剤専焼炉 OSシリーズ

廃シンナー、アセトン、ガソリン等高揮発性廃溶剤も特殊注入口により安全に焼却可能。

特長

(1)完全燃焼の焼却炉
ブロワーによる強制通風と完ペキに設計された内部構造により、一次、二次燃焼を科学的に行う完全燃焼方式を採用。
点火口より油面に点火すると油面が気化され、一面炎となって燃焼し、ガス発生を促進させ、スパイラルバーニングにより完全燃焼します。

(2)流量制御は完璧
電磁弁が温度制御にもとづいて油の供給量のコントロールをはかるため、過剰燃焼を避けることができます。
また、このための温度感知は熱電対により行います。

(3)安全機構も完備
溶剤系統のガス化しやすい廃油に対しても特殊設計(水冷ノズル)による安全機構を完備し、逆火による事故を防ぎます。
フレームアイにより、炉内の炎を常時監視します。

(4)ランニングコストが僅少
廃油を自燃させ、完全無煙焼却しようというメカニズムですから、ランニングコストは殆んどかかりません。

(5)二次利用も可能
派生する温水を風呂などの給油設備に利用でき、工場内の福祉施設への二次利用が可能です。

用途

■一般流状廃油の処理に……
(水分20%以上の廃油はお避けください。)

■廃シンナー、アセトン、ガソリンなど高揮発性廃溶剤(溶液)の処理に……
メタノール、トルエン

対象処理物

一般流状廃油・廃シンナー・アセトン・トルエン・メタノール・その他各種廃溶剤

法律

ダイオキシン類特別措置法届出対象外 廃掃法構造基準適応仕様

装置仕様

装置仕様の詳細は、PDFファイルからご覧ください。

PDFを見る