株式会社 庄司操製作所ブログ
HOME > 製品紹介 > 塗装ハンガー再生装置
製品紹介

塗装ハンガー再生装置 TTSMシリーズ

粉体塗装工程等より発生する塗装ハンガーの附着塗料を短時間に効率良く剥離処理!!

特長

(1)送風機による強制通風と特殊内部構造による燃料(LPG)の一次燃焼により附着塗料、樹脂を瞬時にガス化燃焼し黒煙・悪臭の発生もなく処理します。

(2)塗装ハンガーを効率良く多量に投入、燃焼処理出来る様に特殊フックを採用しています。

(3)短時間処理なので燃料費も少なく低単価処理が可能です。
又、ハンガー素材の摩耗、劣化が少なく、ハンガーのライフサイクルを長くすることができます。

(4)附着塗料の可燃成分は全てガス化燃焼し、灰分として無機物の塗料粉のみが残ります。
ハンガーを取り出す際に軽く振るう程度で簡単に剥離し、落ちた灰分は灰出口より簡単に掻き出しできます。
又、剥離時の塗料粉の飛散が殆ど有りません。

(5)構造は簡単で、操作も投入後は自動運転で人手が掛かりません。

(6)安全機構も標準装備しています。
ウルトラビジョンで処理室内の燃焼を常時監視し万が一の失火に対する燃料カット等のインターロック機構を装備しています。

(7)コンパクト設計で据付スペースも小さく、据付工事も簡単です。

用途

■塗装ハンガーの附着塗料を剥離処理

対象処理物

各種塗装ハンガー全般

法律

-

装置仕様

装置仕様の詳細は、PDFファイルからご覧ください。

PDFを見る